heading-about-company2

匠工芸ギャラリー禅について

自然素材を生かしながら、繊細で豊かな表現力で形にする日本人の美の感性は、長い工芸の歴史に育まれ、現代に至っています。
匠工芸ギャラリー禅では、漆工芸厨子仏壇の製作を、世代をこえて物を伝えていくだけでなく、心を伝えつなげてゆく日本の文化の仕事として、取り組ませて頂いております。

「漆」は、漆の木より採集された樹液によって木を守る、防水・耐久のための生命をもった自然の堅牢な塗料や接着剤です。 生きている素材だからこその、温かみのある美しい色合いと深いつや、工芸品として繊細な表現の可能性、そして自然の最高の塗料と呼ばれる美しさと堅牢さを貴ばれ、長く愛されてきました。

日常では工芸品を通して親しまれる漆ですが、その強さ、つや、発色の美しさから、特別な力をもつ素材として日本ではお寺や神社の建築、祈りの仏具として古代より現代に至るまで重用されてきました。
匠工芸ギャラリー禅は、その生来の漆の力を引き出すために手仕事ならではの天然の本漆塗りにこだわって製作いたしております。

お客様が大切な方をお祀りし、毎日お手を合わされるお仏壇空間をお作りするということに、心を引き締めながら、飽きのこない美意識と伝統の手仕事が生きづき、お客様にとって唯一無二の大切なお仏壇をお作りできますよう、精進してまいりたいと思います。

メンバーのご紹介

原 由希子 代表


早稲田大学第一文学部卒業
美術史を専攻し、琳派を中心に日本美術史を学ぶ。
広告代理店にて、海外政府観光局、海外宝飾ブランド等の広報・広告宣伝活動を担当後、
英国の宝飾ブランドのブランドマネージャーとしてブランドのローンチに携わる。

日本の工芸文化、美術に深い愛着があり、幼いころより手伝いをしてきた母の店  
匠工芸ギャラリー禅を引き継ぐため、2011年12月より現職。

原 のり子
創業デザイナー


青山学院大学英文科卒業
米国オーモアスクール・オブ・デザイン、パーソンズスクール・オブ・デザインにて、西洋文化・美術、およびインテリアデザインを学ぶ。
1998年、匠工芸ギャラリー禅の前身となる「ギャラリー禅」をオープン。
日本の伝統美にこだわりつつ、現代空間に合う和のインテリアデザイン、およびコーディネイトの仕事を、ホテル、レストラン、個人住宅と幅広く行ってきた。


特に現代の生活の中で受け継がれていく「祈りの形」に着目し、現代のお仏壇として、
1998年から厨子シリーズをオリジナルでデザインしてきたことは、
上質な小型仏壇の提案の先駆けとして評価を受けている。
現在に至るまで20年以上に渡り仏壇仏具のデザインを続け、1000台近くの厨子、お仏壇、
オリジナルのお仏像、お位牌等の仏具を製作してきており、
近年は個人宅のお仏壇のみにとどまらず、
大本山 建長寺 塔頭 華蔵院の厨子、蓮台等、寺社仏閣の仕事も手掛けている。


会社概要

会社名 株式会社匠工芸ギャラリー禅

所在地 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目9-5 マンションニュー恵比寿408号

代表者 原 由希子

  • 洗練の伝統美
  • 本格民芸モダン
オーダー漆家具 匠工芸ギャラリー禅 サイト入口
お客様のお仏壇のご紹介
建長寺華蔵院ご本尊仏厨子日輪杉柾白木

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4-9-5
マンションニュー恵比寿408号
TEL: 03-3440-3844
FAX: 03-6277-1708
定休日: 日曜・月曜

休業日のお知らせ
こちらをご確認ください。


*臨時休業の場合がございますため、ショールームへのご訪問をお考えのお客様にはご予約をお勧めしております。
ご見学だけをお考えのお客様もお気軽にご連絡下さい。
ご都合により、営業時間内のご訪問が難しい場合、時間外のご予約もお気軽にご相談ください。
お電話・メールでのお問合せは随時承ります。

新しい祈りの形 祈り壇-響き